転職の目的こそ一番大切な指針

キャリアの振り返りを行う

 40歳以上の転職の場合、単に職場を変えるという程度の思いでは、希望条件を満たす結果を出すことはできません。
 自分を採用するメリットを、企業側に理解してもらえなければ、採用の可能性は低くなるので、自分の強みを自覚して、転職活動を行うことが不可欠です。
 そのためにも、求人を探し始める前に、キャリアの振り返りと自己分析を行い、自分のキャリアビジョンの達成率と、今後どのような働き方をしていきたいのかを、一度熟考してみましょう。

 

転職の目的を決める

 自分を冷静に振り返れば、新たなキャリアビジョンが見えてくるはずです。
 そのキャリアビジョンを達成することが、転職の目的といっても過言ではありません。
 自分が果たしたい転職をイメージし、目的に合わせた計画をたてるようにしましょう。
 その際、自分の市場価値をきちんとリサーチし、身の丈に合った転職の目的をたて、結果を出すために地道に努力を続けることが不可欠です。
 また、転職の目的を達成するためには、自分の付加価値をアップしてからチャレンジした方がよいこともあります。
 現在が転職のベストのタイミングかどうかも、きちんと見極めることも大事なので、覚えておいてください。