市場価値について知ろう

市場価値はどうつくられているのか

 特に40歳以上の求職者は、自分の市場価値を客観視し、実現可能な転職を目指す必要があります。
 市場価値は、求職者個人がこれまでどんな規模の会社で、どんなポジションで仕事をし、実績をあげ、スキルを得たのかを、客観的に判断されて決まります。
 つまり、転職活動を始める時点で、すでに市場価値は決まっているということです。
 この市場価値では、求職者がそれまでにどんな姿勢で仕事に取り組んできたかが、問われているのです。

 

市場価値が転職活動に与える影響

 この市場価値が高ければ高いほど、転職の選択肢が広がりますし、ハイクラス転職の実現の可能性も出てきます。
 反面、市場価値が低ければ、書類選考にすら通過できないまま、いたずらに時間を浪費することになりかねません。
 自分の市場価値を把握したうえで、自分が実現可能な転職は何かを考え、その範囲で転職先を探すのか、現職で実績を残したり、難関な資格やスキルを取得するなど、自分の付加価値をあげてから再チャレンジするのか、冷静に見極めた方が良いでしょう。
 40歳以上の場合、再度転職のチャンスがくる保証がないことも、念頭において、決断をする必要があるのです。