在職中と退職後のどちらを選択がお得

在職中に転職活動をする

 40歳以上が将来につながる転職を実現したいなら、在職中に活動をスタートすることをおすすめします。
 経済的基盤がある中で、さまざまな企業を訪問することで、自分に本当に合っている職場なのか、キャリアにつながる決断といえるのかを、冷静にジャッジできます。
 また、いざ転職活動を始めてみて、現職の良さを再確認し、転職を辞めるのも一つの決断です。
 履歴書や職務経歴書にブランク欄がない方が、書類選考を通過しやすいこともメリットといえるでしょう。

 

退職後に転職活動をする

 40歳以上の求職者は、在職中に転職活動を行うことをおすすめしましたが、一方で職責が重く、時間が自由にならないことから、退職後に集中して活動を行うことを決断するひとも少なくありません。
 失業保険の給付開始または再就職までの生活費が用意できるのであれば、退職後に転職活動に集中するのも良い方法です。
 時間がある分、求人探しや企業研究、応募書類の作成、資格やスキルの習得など、事前準備を徹底して行えます。
 また、即入社を希望する企業に採用されやすいというメリットもあります。
 とはいえ、不採用が続くとメンタルのセルフコントロールが難しくなるので、転職エージェントなどのサポートを受けることをおすすめします。