ハローワークの活用法

45歳未満も利用できる「わかものハローワーク」

 

 45歳未満の求職者は、「わかものハローワーク」の個別サポートを受けることができます。
 これは、専任の担当者がつき、転職に関する相談にのることからキャリアプランの作成、求人の紹介、応募書類の添削、模擬面接、
 面接日の調整、就職後の転職支援に至るまで、個別サポートしてもらえるシステムです。

 

 ビジネススキルをアップするための講習会やセミナーにも無料で参加でき、正規雇用を目指すので、45歳の求職者は積極的に活用すべきです。 

 

地元に強い「ハローワーク」

 

 そもそもハローワークは、採用活動に潤沢に費用をかけられない、地元の中小企業の求人が豊富に集まってきます。転居を伴わない転職を希望するなら、「ハローワーク」を積極的に活用すべきでしょう。

 

 近年は、求職者として登録すると、ハローワーク・インターネットサービスが利用できるので、必ずしも施設まで足を運ぶ必要もありません。

 

 40歳以上の求職者が自分の希望の転職を果たすためには、一社でも多く応募することが大事です。現在の日本は、大手企業だからといって安心な状況ではありません。

 

 ほかの求人情報媒体との併用で構いませんので、ハローワークの求人にも着目しましょう。