転職サイトを活用

転職サイトはスカウト機能も使うべし

 

 転職サイトは、自分の希望条件に合った求人を、より効率よく集めるために活用しているのが、40歳以上の求職者の本音なのではないでしょうか。ですが、それだけでは転職サイトをフル活用しているとは言えません。

 

 転職サイトに登録するからには、サイト内に自分のレジュメを公開し、スカウト機能を使って、企業からのオファーを待ちましょう。

 

 希望条件以外の企業からもオファーが届く可能性があり、選択肢を広げる一助になるはずです。

 

スカウトを増やすためにすべきこと

 

 転職サイトのスカウト機能のオファー数に個人差が出るのは、必ずしもキャリアと実績によるものではありません。

 

 入力フォームは同じでも、オファー数が多いひとは、レジュメが読みやすくなるように、定期的に手を入れているものです。

 

 レジュメの書き方を見直すことは、応募書類の作成にも役立ちますので、積極的に行うべきでしょう。また、レジュメをチェックする採用担当者は、必ずしも募集してる職種の専門知識があるわけではありません。

 

 実績を数値化したり、見出しと本文に分けるなど、相手が読みやすレイアウトにしておくのも、大事なポイントです。そうした工夫を凝らすことで、オファー数をアップしましょう。