履歴書がチャックされているポイントとは?

履歴書で見られているポイントは何か

 

 40歳以上の応募者は、30代以下とは違う視点でチェックされます。その最たるものは、管理職としての素養と自社に定着して貢献してくれるかどうかの2点です。

 

 そのため、履歴書は個人情報だけでなく、項目の一つひとつに書かれたことを、しっかり読んでいます。

 

 ミドル世代の場合は、募集職種で即戦力となりうる専門スキルに加えて、マネジメントにつながるコミュニケーションスキルや協調性なども、採否のポイントになります。その点を意識して、履歴書を書くようにしましょう。

 

 

職歴と志望動機の書き方に注意

 

 40歳以上の応募者が特に注力すべきなのが、職歴と志望動機の書き方です。

 

 職歴については、転職回数が多かったり、短期間での入社・退社の経験がある場合は、その理由も合わせて、記載することが基本です。

 

 また、同業種での転職回数が多い場合は、キャリアアップにつなげることができますが、異業種も含めて転職回数が多いと、専門スキルがないのではないかと疑われがちです。その場合、自分の総合力をアピールするようにしましょう。

 

 また、志望動機には自分が入社したい明確な理由を書くだけでなく、自分のどんなスキルやノウハウが入社後に活かせるのか、採用のメリットも明記してください。