職務経歴書の注目ポイント

職務経歴書は見やすくが鉄則

 

 40歳以上の中途採用者に対し、プレイングマネジャーとして活躍してほしいと考える企業が多いものです。

 

 そのため、職務経歴書の中でも、自分の職歴の実務内容だけなく、組織の中でどんなポジションで仕事をし、貢献したのかも、しっかり書くことが必要です。

 

 基本的に企業側は職務経歴書を読むことで、「仕事に対しての取り組み姿勢」「コミュニケーションスキル、協調性、マネジメントスキルの有無」「募集職種に必要な専門スキルのレベル」をチェックしています。

 

 また、ミドル世代になると、履歴や主張に一貫性があるかどうか、前職の退職理由や転職理由に説得力が感じられるかどうかも、書類選考通過のポイントになります。

 

 合わせて、応募企業の採用ニーズにマッチする要素が多いかどうかも、しっかりセルフチェックしてください。

 

職種別職務経歴書のサンプルを必ずチェックしよう

 

 40歳以上の応募者ともなると、過去の職歴をそのまま書きつづると、職務経歴書の枚数が膨大になってしまいかねません。

 

 A4版で3枚以内に収めるためには、アピールポイントを取捨選択して、より自分をプレゼンテーションできる内容にする必要があります。
 転職サイトの職種別職務経歴書のサンプル例に目を通し、参考にしましょう。