質問に備える

面接でよく聞かれる質問には何があるのか?

 

 40歳以上の応募者に対しては、企業が求めるニーズも多角的なので、志望動機や職歴だけでなく、転職の理由や仕事観など、さまざまな質問をぶつけられることになるでしょう。
 そこで、面接に向けて用意しておいた方がいい質問の実例を、以下で紹介したいと思います。

 

 ・当社を志望した理由は何ですか?
 ・これまでの経歴といま持っているスキルについて教えてください
 ・前職を退職した理由、あるいはいま転職活動を進める理由は何ですか?
 ・仕事をするうえで大事にしている価値観を教えてください
 ・当社があなたを採用するメリットは何ですか?

 

 40歳以上ならば、こうした質問によどみなく答えられるように、準備しておきましょう。

 

質問の意図を理解して、回答にも一貫性をもたせる

 

 面接では、手を変え品を変え、さまざまな質問がされると思いますが、この全般を通して、履歴や発言に一貫性があるかどうかを、しっかりチェックされています。

 

 前職の退職理由と仕事上大事にしている価値観、志望動機と自分のキャリアプランなど、一見違う質問が関連していて、回答がつながっているかどうかで、採否に大きく影響します。

 

 きちんと回答は練り上げて、矛盾がないかも確認しておきましょう。