面接の前日までの対策

企業に評価される企業研究を行っておく

 

 面接の成否の8割は、事前準備で決まってしまいます。

 

 特に40歳以上の応募者の場合、自分の生活の安定や勤務条件に惹かれてという自己的な志望理由では、絶対に採用されることはありません。 

 

 高い人件費を払って採用するからには、給与以上の働きをしてくれることが必須条件となるからです。

 

 だからこそ、しっかり企業研究を行い、採用のニーズを把握するのはもちろん、業界動向やライバル企業についても十分に下調べを行い、現在の課題は何なのか、それに対してどんなアプローチが有効か、自分がそれに対しどんな尽力ができるのかをしっかり考えて、志望動機やさまざまな質問の中でアピールできるように準備しておくことです。

 

 自分が入社した後にチャレンジしたいことを、より具体的に語れると、それが熱意の表れになります。

 

対話できるコミュニケーションスキルを磨いておく

 

 そして40歳以上の応募者は、職場で協調性をもって働けるかどうかも、採否の大きなポイントです。 

 

 面接官の質問に的確に答え、物腰が柔らかく、対話ができていると実感させることができれば、内定がグッと近づきます。

 

 コミュニケーションスキルを磨いておくことが、大事なのです。